<   2006年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

燃え出ずる・・・

カエデの芽吹き。紅葉の頃よりもかえって赤いような気もします。緋色と言った方がぴったり来るような。
e0074463_2339864.jpg

テントウムシもいたりして。
e0074463_23391558.jpg


オリジナルエッチング、オリジナルタンブラーのアート工房「渓」
by p_kokami | 2006-04-24 23:42 | 昆虫

なんだ、あれ?

畑仕事のために引っ張り出してきた耕運機。マキが不思議そうに見ていました。
e0074463_2144331.jpg


オリジナルエッチング、オリジナルタンブラーのアート工房「渓」
by p_kokami | 2006-04-23 21:05 | 犬と猫とハムスター

みつばつつじ

南木曽町の天白公園で。ここはまったくノーマークだったのですが、昨日の新聞に載っていたので来てみました。みつばつつじの群生地だそうですが綺麗でした。何種類かあるみつばつつじの中でもナギソミツバツツジはここでしか見られないとか。どれがそうかは判らないけれど。
e0074463_20562339.jpg
e0074463_20563190.jpg
e0074463_20563977.jpg
e0074463_20564712.jpg

ウコンという品種の桜。緑色の八重咲き。まだ咲きはじめでしたが、これ満開になったら綺麗でしょうね。ただ、これがあったのが「殉国慰霊碑」のかたわらだったのが切ないというか・・・。
e0074463_20565580.jpg


オリジナルエッチング、オリジナルタンブラーのアート工房「渓」
by p_kokami | 2006-04-23 21:02 |

伊那梅苑

箕輪町の伊那梅苑。初めて行ったのですが、いやあ、綺麗でした。本当は高遠の桜を見に行こうと思っていたんですが、絶対混んでて桜を愛でるどころではないでしょうからねえ。この季節は桜だけじゃないぞ、と(笑)

内部は回遊式になっているのでのんびり散策できます。花見客もちょうど程よい人数で。
e0074463_2017554.jpg
e0074463_201839.jpg

今の時期は黄色いレンギョウが主役。
e0074463_20181126.jpg

ネコも花を愛でています。ここの飼い猫。
e0074463_2018191.jpg


オリジナルエッチング、オリジナルタンブラーのアート工房「渓」
by p_kokami | 2006-04-23 20:24 |

ウルトラマンになった夢

マキは人のバッグの上で熟睡中。両手を前に放り出して、ウルトラマンになった夢でも見ているんでしょうか。バッグの中のハンコが必要だったけれど、これだけ爆睡されると起こすのも忍びなく(笑)

e0074463_2340309.jpg
e0074463_23403738.jpg


オリジナルエッチング、オリジナルタンブラーのアート工房「渓」
by p_kokami | 2006-04-22 23:43 | 犬と猫とハムスター

麻績の里

元善光寺。長野市の善光寺はあまりにも有名ですが、かの善光寺の本尊が一時安置されていたのが、飯田の麻績の里の元善光寺といわれています。
この話、蘇我氏と物部氏の争いにまで遡ります。仏教を妨害しようとした物部氏がこのご本尊を難波のどこぞの堀に捨ててしまいまして、それを麻績の里の住民、本多善光が仏縁によって拾い上げ信州に持ち帰りました。臼の上に安置したという伝説から、ここの地名は座光寺といいます。結局、ご本尊のお告げで現在の長野市に移ったのですが、今でも元善光寺の寺宝はこの時の臼です。
ま、そんな謂れから、「善光寺だけでは片参り」といわれ、元善光寺にも参拝しないとご利益がないそうです。でも、お寺の規模も大違いだし、こちらまで足を伸ばす参拝者もそんなに多くはないようです。さすがに、春のこの時期は賑わっていましたが。
e0074463_2323458.jpg
e0074463_23235416.jpg

かつて小学校の校庭だった場所下の桜並木。見上げる嫁さんの目を通して、おなかの赤ちゃんにも桜の美しさが伝わったでしょうか。
e0074463_232428.jpg

これも最近売り出し中の石塚桜。古墳の上に生えています。菜の花とのコントラストで。
e0074463_2324962.jpg


オリジナルエッチング、オリジナルタンブラーのアート工房「渓」
by p_kokami | 2006-04-13 23:39 | 信仰のかたち

舞台桜

先日は夜桜でしたが、今日は昼間。満開を過ぎて少し散りはじめ。名前がついたのはごく最近なのですが、珍しい桜ということで今年あたりは大人気。今日も遠くから観光客が来ていたりして、子供の頃から知っている身としては隔世の感ありです(笑) 舞台桜の由来は後ろの建物。信州の県宝になっている旧座光寺小学校の舞台校舎から。
e0074463_20472962.jpg
e0074463_20473685.jpg

花びらの数がまちまちなのがおわかりでしょうか?
e0074463_2047427.jpg
e0074463_20475075.jpg


オリジナルエッチング、オリジナルタンブラーのアート工房「渓」
by p_kokami | 2006-04-13 20:54 |

黄梅院のシダレザクラ

これも樹齢400有余年。紅色が非常に濃く、飯田随一として名高い桜です。
e0074463_2020255.jpg
e0074463_20201044.jpg
e0074463_20202812.jpg
e0074463_20203758.jpg


オリジナルエッチング、オリジナルタンブラーのアート工房「渓」
by p_kokami | 2006-04-13 20:24 |

正永寺のシダレザクラ

推定樹齢400年のシダレザクラ。片側はもう枯れてしまったのですが、もう半分はまだまだ盛ん。綺麗です。
e0074463_1957191.jpg
e0074463_19571112.jpg
e0074463_19572058.jpg

桜が続くので白い花も。山門脇のコブシ。
e0074463_1957305.jpg


オリジナルエッチング、オリジナルタンブラーのアート工房「渓」
by p_kokami | 2006-04-13 20:01 |

春の小川は・・・

小川と言っても田圃脇の水路。タネツケバナでしたっけね、この花は。雑草と言うには惜しい、可憐な花です。
e0074463_392374.jpg

そういや、春の小川って歌、渋谷の街を流れていた川がモデルだそうですね。

オリジナルエッチング、オリジナルタンブラーのアート工房「渓」
by p_kokami | 2006-04-13 03:13 | 草木